ベニアグラフト(歯顎部の骨がくぼんでいる)主訴 歯が無くくぼみがある女性55歳

主訴 歯が無くくぼみがある患者様
患者様の声:手術は少し緊張しましたが、麻酔の時間やインプラントの方法など、説明を事前に聞いていたので心配はありませんでした。今は快適に食事ができてインプラントをして良かったと思っています。

※骨造成とは、骨が不足している部分に膜を覆う事で骨を作るスペースを確保してその中に、骨の元になるものを詰めて、骨の再生を促す治療法の事を言います。
(インプラント症例)左上3456欠損・骨幅が不足の為ベニアグラフト

左上3456欠損・骨幅が不足の為ベニアグラフト

(インプラント症例)自家骨によるベニアクラフトを行いました

自家骨によるベニアクラフトを行いました

(インプラント症例)骨造成で出来た様子です

骨造成で出来た様子です

(インプラント症例)ジルコニア(オールセラミック)で全てかぶせ物にします

ジルコニア(オールセラミック)で全てかぶせ物にします

(インプラント症例)
(インプラント症例)完了

完了

インプラント症例集TOPへ