インプラントの役割

歯が無くなった部分に埋め込まれ、人工歯を保持いたします。 噛む機能を向上させ、天然歯の感覚を取り戻すことができます。 かみ合わせによる適度な刺激を与え、代謝を促して、骨の吸収等を防ぎます。 取り外し可能な入れ歯より、インプラントは精神的なストレスは少なくなります。 他の健康な歯を維持することができます。

インプラントを長持ちさせるためには

インプラントの上に歯をかぶせ、治療が一応終了しました。それからが問題です。あなたのインプラントを長期に渡って機能させることができるかどうかはあなた次第です。

毎日の念入りな歯みがき

最も重要なホームケアが歯みがきです。「食べたらすぐにみがく」を心がけ、指導された正しいブラッシングを行いましょう

歯科医院にて定期検診

当たり前のことですが、インプラントには神経がありません。 ですから感染が起こっても自覚がありません。グラグラ動いてきたり、膿が出てはじめて気が付くのですが、こうなってからでは手遅れです。 治療終了後は先生の指示に従って必ず定期的に検診を受けましょう。 検診では、インプラントの状態、歯肉の状態、かみ合わせのバランスのチェックなどと専門家(歯科衛生士)による歯のお手入れを行います。 また、定期検診はインプラントを入れた歯医者さんでしてもらいましょう。 あなたの骨の状態、歯肉の状況、お口の中全体の事など、インプラント手術を通じての情報はその歯医者さんがしっかりチェックしてくれます。
ここでは、治療以外(ブリッジ・入れ歯)での、利点と欠点を上げ、インプラント治療との比較をおこなっていきます。インプラント治療をご理解いただく為にも重要なポイントです。患者様が持つ疑問は、われわれインプラント専門医が想像する以上だと思います。当院では、あなたに合った最善の治療方法とアドバイスをさせて頂いております。
ブリッジや義歯(入れ歯)と比較
種類 利点 欠点
ブリッジ

自分の歯と同じように噛むことができ、違和感がありません

ブリッジを固定するため、両隣の歯を削る必要があります

入れ歯

口の中の型を採る程度の比較的簡単な治療で済みます

硬い食べ物や、粘り気のある食べ物では苦労することがあり、異物感を感じる人もいます

インプラント

自分の歯に近い構造で、自分の歯と同じように噛むことができ、見た目もきれいです

インプラントを埋め込むための手術が必要です。保険適用ではないため費用がかかります