インプラントのメリット・デメリット

メリット

インプラントの噛む力

インプラントのメリットは数多くあります。最大のメリットは噛む力、噛み心地です。、天然の歯とほとんど同じ強さ噛むことができます。入れ歯やブリッジは歯冠部分のみを再生するため、どうしても歯茎や他の歯に負担が掛かり強く噛むことができません。しかし、インプラントは歯根部分から再生するため力強く噛め、歯根に直接噛み心地を伝えることができます。実際に装着した際に、ほとんど得違和感がなく、まるで自分の歯と同じような感覚で、食事などをすることができます。

周りの歯を傷つけない

部分入れ歯やブリッジは両側の歯にクラスプを掛けたり、歯を削ったりして固定する必要があります。しかしインプラントは顎の骨へと直接固定するため周りの歯を傷つける心配はありません。部分入れ歯の場合も隣の歯にバネをひっかけて固定するので、周りの歯に負担がかかります。その点インプラント治療なら、その歯自体を人工の歯根によって支えるので、周囲の歯を削ったり、負担をかけたりすることがありません。天然歯と変わらないものの、人工歯なので虫歯になってしまうこともなく、半永久的に使用することが可能です。

精神的な効果

インプラントは隣の歯を削ったり、歯を抜という事がないので治療の幅が広がります。天然歯にほぼ近い状態になるので見た目にも美しさを取り戻します。家族や友人と楽しく食事を楽しめて、人前で大きな口を開けて笑うことができるようになります。頭痛や肩こりが解消されることや、歯を食いしばれるため運動能力も向上します。

デメリット

手術が必要

インプラントには手術が必要です。入れ歯やブリッジと比べると、痛みを伴い治療の時に大きな負担が掛かってしまいます。治療期間は短い場合で2ヶ月~半年程度治療に要することもあります。その間も定期的にかなり頻繁に診察に通う必要があります。 治療期間は仮歯を入れておくので食事をする時などは不自由しません。しかし定期的にメンテナンス、検診が必要なのもデメリットの一つとしてあげられます。


費用が高い

入れ歯などは健康保険を使用すれば、総入れ歯でも数万円で作ることが可能ですがインプラントは健康保険対象外の為、高額な費用が掛かってしまいます。この高額な費用でインプラントを選択できない方も多いのではないでしょうか。最近では安価な価格でインプラントを行う歯科医もいるようですが、インプラントは難しい手術です。その治療に適した手術方法がありますので価格が安いだけの治療選びは避けた方が良いでしょう。


期間が長い

他の治療方法に比べて、期間が長いのが特徴です。 歯の根に当たるインプラントが骨にくっつくまで、6週間程度は待たなければならず、顎の骨の状態が悪いと約3ヶ月間待たなくてはならない場合もあります。歯の抜けた状態が悪いときには、始めるまでに何ヶ月も待ったり、あるいは、顎の骨を強化する治療をすませてからでないと、インプラント治療ができない時もあります。 入歯やブリッジと違い治療期間がとても長いのは、欠点といえます。