インプラントの構造

インプラントの構造 上部構造(人工の歯)、アバットメント、インプラント体(フィクスチャー)

インプラントの構造は上記のように、上部構造(人工の歯)・アバットメント・インプラント体(フィクスチャー)の大きく3つの部位に分けることができます


上部構造とは

インプラント冠(クラウン)、インプラントブリッジなど素材は様々なものがあります。 ポーセレンを使ったものが一般的ですが、咬み合わせの特に強い方、歯ぎしりのある方などでは咬む面を金などの金属で覆ったものを利用することもあります。


アバットメントとは

設計によって様々な種類があります。上部構造をスクリューで固定する方法と、セメントで固定する方法によっても利用するアバットメントが異なりますが、ほとんどはインプラント体と同じく、酸化チタンが多く、前歯の場合は セラミック製のものが使われます。


インプラント体とは

インプラントの本体の部分で、骨の中に埋め込まれて、咬む力を支える部分です。骨のサイズ、形態に合わせて様々な形のインプラント体が準備されています。